私たちについて

 

私たちは、

 ま を考え、服を創造します。

日本と西洋、両者の服装、プレタポルテとオートクチュール、 大衆と高級、価値の有無、時代のま、保守と革新。 時代により変わる服装。和服から洋服で切り替わる際に忘れられてきた物や文化、 精神性を考察、引用して現代の洋服文化に統合する。

 19世紀、西洋の技術・文化・政治、経済制度をいち早く取り入れたことで、 列強に支配されることなく現在の日本がある。当時の海外からの輸入は何も悪いことではない。 しかし、それまでに育まれてきたものを、前時代的または遅れたものと見放してしまうのは、 良いことには思えない。 広く文化を見渡した時、日本画に対して洋画があり、木造建築に対してコンクリートビルがあり、 邦楽に対して洋楽があり、それぞれが影響し合いながら、現代に即した形として残る。 服に関しては、どうだろうか。 和服に対して洋服がある。現代の和服は…もはやイベント的にのみ着られるだけの伝統、民族衣装 となっているように感じる。着物生地の柄に対してモダンな現代的なアプローチを加え、形として いるものはある。それは、「和服は形が変わらないもの」という既成の概念に囚われているのでは ないかと、考える。それが、和服が現代に即した形なのだろうか。 和服と洋服のそれぞれの型、生地、縫製を分析して服を創っていくことが私たちの試みである。

明治以前は、着物を日常的に日本人でしたが、開国によって西洋の技術、文化、政治体制などを輸入していきました。

それから、170年以上経った現代で、すっかり洋服は世界中に広まる一般的な様式に浸透しました。着物はもはや、イベント的にのみ着用されるものとなりました。

 日本全国にある着物の為に織られてきた反物産地も、それに合わせて衰退してしまいました。